こころふ日記 ~公認心理師が子育てや心理学のことなどを語るブログ~

公認心理師のこころふが、子育てや心理学のことなど気ままに書くブログです。

育休明け2週間経過して思ったこと

こんにちは。

2児の父であり、先月まで長期育休をとっていたこころふです。

 

育休が明けて早くも2週間が経ちました。

久しぶりの職場復帰を果たして思うことは、

つかれた~、ということです。

 

勝手知ったる職場ではあるものの、同僚、上司、机並びなど、

たった1年といえど変わったことは多く、とまどうことばかりでした。

忘れてしまっていることも多かったので、仕事の感覚をとりもどすのに苦労しました。

4月頭からバタバタと忙しい事案もあったりで、まぁいろいろあって疲れました。

さっそく風邪もひいてしまいました。

 

でもここ数日は慣れてきた感じもあり、さぁこれからだ!という気持ちもあります。

でもやっぱり土日休みはありがたいですね(;´∀`)

 

前にも書いたかもですが、

「仕事と育児・家事、どっちが大変か!?」という議論はよくありますよね。

私の今の心境としては、「やっぱ仕事の方がたいへんだわ~」となります。

もっと長く育休とりたかったな~とも思いますね。

 

これは仕事内容、職場環境、家庭での家族の協力体制、子どもの性格・特性など要因が多すぎるので、別にこれが正解などというのはもちろんないですが、

まぁ私の場合の、今のところの感想といった程度のものです。

これから気持ちも変わってくるかもしれませんしね。

 

確実に言えそうなことは、仕事と育児の両立がとにかく大変、ということくらいですね。

まず、子ども2人を保育園に送り出すことの大変さ。

私、妻ともに朝早くから出勤するので、保育園への送り出しも当然早くからとなります。

出勤準備をしながら、せかしても一向に進まない子どもの食事や着替えを世話してやり、準備がおわって一安心していると、今度は「いきたくな~い」のコールが鳴り響く・・・朝から一山超えなければいけません。

子どもの登園時間もぐんと長くなった(次女にいたってはこの4月が初登園)ので、迎えに行くと、子どももあきらかに疲れた様子。

これまでそれほど体調を崩すこともなかった2人なのですが、長女にじんましんは出るわ、次女もコンコン咳するわで、やっぱり疲れが出てるんだな~と感じます。

 

それから感じていることは、育休をとっていた時期と比べ、子どもが私の言うことを聞かなくなってきている(泣)

というかほとんど言うこと聞かない(泣)

理由は簡単で、育休中は、妻が早い時間に出勤してしまうので、その後は私と子ども2人だけで朝を過ごしていました。

でも今は、登園前まで妻もいるわけです。

私と妻両方いるときは、子どもらは圧倒的に妻に甘えます。いろんなことをしてもらいたがります。

私が何か世話してあげようとすると、決まって「かあちゃんがい~い」の一斉コール。

私の子どもらへの影響力は完全に無力化されてしまうのです(大泣)

育休期間に築けたと思っていた関係性は、いったいなんだったのか(;´∀`)

“妻(かあちゃん)がいる”というだけで、これほどまでに私の影響力が無力化されてしまうというのは悲しいものです。まぁしかたないですが・・・

 

こうやって世の父親たちは、育児というタスクから徐々にフェードアウトしていってしまうのかなぁ、なんて思いますね。

あぁ、学習性無力感・・・

まぁできるだけ食い下がってみようとは思いますが(;´∀`)

 

 

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!

よかったら応援クリックよろしくお願いします(^^)

 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村